美容整形外科で小顔矯正施術を受けよう【人気施術の特徴とは】

小顔治療を医療機関で行う

医師

ボトックス治療で得られる効果

すっきりとしたフェイスラインに憧れている女性は多いでしょう。普段から美顔器や美顔ローラーでフェイスマッサージを行ったり、ダイエットを行って余分な脂肪を落としたりと、小顔になるために努力をする方が増えています。しかし、自分のお手入れでカバーできる小顔ケアには限度があり、むくみや脂肪ではなく顔の骨格や筋肉が原因で顔が大きく見えてしまう場合は自分で無理にケアを行うよりも、早めに美容整形外科などの医療機関に相談して適切な治療を受けると効率よくきれいなフェイスラインを手に入れることができるようになります。美容整形外科では主に小顔治療として、骨切り術とボトックス注射の治療を行っています。前者は顔の骨格がスクエア型など横に張り出している形をしている場合に、バランス良くスリムな仕上がりにするためにもサイドの骨を手術で切除する方法です。高い美容効果がありますが体へのリスクも高く施術にかかる費用も高額になるため、最終的な手段として用いられる事が多いです。美容整形外科で主流となっている治療方法の一つが、ボトックス注射という美容注射を利用する方法です。ボトックスとは元々顔面痙攣などの症状を改善する目的で使用されていましたが、ボトックスの成分が筋肉に一過性の麻痺を与える特徴があることから、顔のエラの筋肉に注入することで一時的に筋肉の動きを抑えることで、発達した筋肉は自然に細くスリムな状態に仕上がります。最近では骨切り術を行うよりも高い美容効果があるとしてこの治療を受ける方が増えてきており、施術自体もとても簡単なので短時間で高い美容効果を実感したいと思っている方にも向いています。実際に、ボトックス注射は施術を行って約3日から7日後に効果を実感できるという方が多くいです。さらにボトックス注射は小顔効果だけではなく、就寝時の歯ぎしりの改善や、普段の食事でもしっかり咀嚼するクセをつけることが出来ます。それによって歯の負担を減らしたり、適量で満腹感を得られたりするなど、健康上のメリットも多くあります。ボトックスの施術に興味のある方は、まずは医師と相談し、施術に関する疑問などを解消してから施術を受けると良いでしょう。