美容整形外科で小顔矯正施術を受けよう【人気施術の特徴とは】

小顔効果のある美容注射

ナース

ボトックス注射で小顔効果

美容整形外科では最新鋭の美容機器や手術を用いてコンプレックスに感じている体の悩みを改善する様々な治療を受けることが出来るメリットがあるため、納得のいく仕上がりにするためにも大手の美容整形外科を利用する場合が多いです。美容整形外科で行われている小顔矯正の施術の一つとして、特に利用者が多いのがボトックスを利用した治療です。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質を利用した製剤を利用しており、エラなど顔の出っ張りにつきやすい筋肉に注射することで一過性の麻痺を与えることが出来ます。噛みしめクセが原因で発達しやすいエラの筋肉にこのボトックス注射を打つと、筋肉が一時的に麻痺して動きにくくなるため、きちんと動かない筋肉は太い状態から細くスリムになる特徴があるためフェイスラインをすっきり見せることが可能となります。この状態は入院をして長時間動かないことで体の筋力が低下してしまう状態と似ており、ボトックス注射の効果が持続する3ヶ月から半年にかけて筋肉を使わないことで、十分な小顔効果が期待できます。世界中で認可された安全性の高い製剤を利用しているため、体へのリスクが少なく安全に利用できる点も人気の理由です。小顔効果によいとされているボトックス注射の費用は、美容整形外科や使用する量などの理由により料金は違ってきますが、エラをなくすために使用する場合は、1万円から15万円が平均の相場となっています。他にも、顔のしわをなくしたい場合は、1万円か5万円ほどで利用できます。しかし、ボトックス注射を利用するにも、個人差はあるものの人によっては、副作用が現れる可能性があるため、きちんと副作用についても知っておく必要があります。ボトックス注射を注入することで現れる可能性がある副作用には、痛みや腫れなどの症状があり、ひどい場合は頭痛や眼瞼下垂などを引き起こすことがあるとされています。痛みや腫れなどは、遅くても1週間ほどで治まるとされていますが、万が一治る気配がなかったり、徐々にひどくなるようであれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。理想の小顔を手に入れるためにも、ボトックス注射については理解してから施術を受けるようにしましょう。